2017.12.20

勉強法

効率よく点数を取るために定期テストを「知恵」で攻略する

定期テストの勉強はどのようにしているでしょうか。

  • とりあえず課題になっているワークをやる
  • 試験範囲になっている教科書を読む
  • 過去問を解く

テスト勉強のやり方は十人十色ですね、押さえる所は押さえてやらないとせっかくやったのにということになりかねません。
が、今回はそれとは少し違う視点のお話をします。

定期テストを作るのは誰か

定期テストの問題を作るのは誰でしょうか?
もちろん担当教科の先生ですね。
ではどうやって作るのでしょうか。

正直一から問題を作成する先生はほとんどいないと思います。既存の問題集を少し改編したり過去問を少し変更したりですかね、手抜きの先生は問題集そのまま出す人も中にいます

ここで問題の分析をします。

「この先生はよくデータを使って読み取りをさせるなぁ」
「応用問題は大抵問題集と同じだな」
「授業で渡されたプリントは全く同じ形で出る」等々。

所詮学校の先生一人か二人が2週間やそこらで作るテストです、限界があります。
悪口ではないですよ笑。1〜2ヶ月間勉強した範囲の理解がどれほどかの確認をする意味での定期テストです。
なので、範囲も狭いし重要な知識や思考は似たようなものになってしまうのは当然かと思います。

高校入試やセンター試験は何十人もの学習のプロが半年以上も前から熟考を重ね作成しています。
そういったテストには正攻法で望むのが一番の攻略法です。
その時までにはしっかり「知識・思考力」をつけておく必要はあります。

しかし定期テストは「知恵」のある子が上手に乗り切っているケースが多々あります。
いますよね、周りにも。
あんまり勉強してないように見えて(実は隠れてしているケースもありますが笑)
テストでは点数が良い。
しかし実際に聞いてみるとそこまで理解しているわけではない。

そういった子は科目の勉強以上に先生に対する対策をしている可能性が高いです。

宝くじが当たる売り場はわかっている方が良い

もし広島県内の宝くじ売り場で必ず一等が出ると言われるのと
呉駅付近にある3店舗のどこかで必ず一等が出ると言われるのではどちらの方がより買う意欲が湧くでしょうか。

限られている試験範囲をさらに絞ることが出来れば
より短い時間でより高い点を取ることが出来るでしょう。

上記のような分析がうまくできればそこを重点的に学習すればよいでしょう。
しかし、自分では分析がうまくできない、したけどばっちし合う問題集がない。

そういった場合は、まず複数年分の過去問を行なうのが有効です。
先生が変わって無ければという条件付きにはなりますがそこから分かることはかなりあります。
試してみてください。

作り手の気持ちを知るのも有効

突然ですが、私はDIYが好きです。
自宅も塾もDIYまみれです。

色々なものを作っていますが、毎回反省点が出てきます。
出てくる反省点は実際に作ってみないと分からないことばかりです。

まずはやってみることの大切さをいつも感じています。
あれこれ考えるより行動してみるということです。

また、作り終わって使い心地がしっくりこないこともあります。
今まで何気なく使っていた既存品に気付いてなかった工夫がいくつも盛り込まれていることを発見します。

作り手と使い手、両方を体験すると見える世界がぐっと広がります。

これテストにも当てはまると思うんです。

なぜその問題を出したのか。
生徒にどういった「知識・思考力」がついていることを期待しているのか。
作り手の気持ちが分かると世界がぐっと広がりますよ。

自分で問題を作ってみて解いてみるのもいいですし
友達と問題を作りあって解き合うのも良い勉強法です。

やっていることは傾向と対策

習った範囲の「知識・思考力」を問うのが定期テストです。
しかし、詰め込むことだけに時間を使わず
「知恵」を絞ることも試験勉強だと思うと効率的な学習に近づけると思います。

これは結局、傾向を知り対策を練っているだけなんです。

どんな場面でもこの力は活きてきます。
スポーツでもそうですよね。
対戦相手の特徴を知っておけば、いざ対戦する前に対策が打てます。

「傾向と対策」を自身で研究することは
高校受験・大学受験でも必ず有効になってきますよ。